大乗教インド別院
ホーム 交通のご案内 お問い合わせ先 大乗教の沿革 杉山辰子教祖 聖地臥龍山 総本山散策 大乗教インド別院 Buddhist Temple 書籍のご案内 月刊誌 百周年記念事業 大乗教青年部 国際ボランティア会 iモード リンク 2015年行事案内 被災地支援

 

なぜインドか?
施設のご案内
地域支援活動
大仏20周年
ブッダガヤ便り
世界仏教徒会議
ガイドマップ

正覚山釈迦堂 大乗教印度別院

 


写真:大乗教インド釈迦堂本堂
  • 大乗教の教え

 仏教徒としての実践修行のあり方を現代に生かし、法華経を『慈悲(じひ)・誠(まこと)・堪忍(かんにん)』の三徳(さんとく)の教えとしてとらえ、日常生活に実践していくことです。

  • 経典

 大乗教は釈尊の説かれた経典中、諸経の王といわれる「法華経(ほけきょう)」の経典をもって依経としております。

  • 本尊

 大乗教は法華経に説かれる久遠実成釈迦牟尼仏(くおんじつじょうしゃかむにぶつ)を中心に、お脇に上行(じょうぎょう)菩薩・無辺行(むへんぎょう)菩薩・浄行(じょうぎょう)菩薩・安立行(あんりゅうぎょう)菩薩を本尊と定めて信奉(しんぽう)しております。
 尚、インド別院では釈迦堂本堂に本尊が安置されており、国籍、宗旨宗派を問わずどなた様でもお参りをしていただけます。

  • 教祖杉山辰子先生

 大乗教は杉山辰子先生によって創始されました。大乗教の信徒は杉山辰子先生を安立行菩薩の再誕として信奉しております。全ての人々を救済するという誓いを立てられた安立行菩薩に少しでも近づく為、大乗教信徒は日々教祖の教えの実践に努めています。

 

大乗教インド別院パンフレット(PDF)