臥龍山霊山信伏壇
ホーム 上へ 交通のご案内 お問い合わせ先 大乗教の沿革 杉山辰子教祖 総本山散策 大乗教インド別院 Buddhist Temple 書籍のご案内 月刊誌 百周年記念事業 大乗教青年部 国際ボランティア会 モバイル 2017年行事案内 リンク 被災地支援

 

建立趣意書

霊廟の信伏壇が完成−霊山別付の自覚をあらたに−


<信伏壇における壮年部、婦人部、青年部の代表者と正定聚の三宝礼> 

 

 平成29年4月23日(日)、教祖御聖地臥龍山において、杉崎法瑞管長先生ご導師のもと、臥龍山龍神祭が厳修されました。
 午前10時20分、管長先生はじめ宣教師、正定聚、供養指導者、各部代表者が龍王殿の前に集合しました。読経中、昨年の安立行旗の性抜きの後、本年度の安立行旗が龍王殿境内に奉納されました。
 このあと行列は坂道をのぼって霊山門へ移動いたしました。管長先生によって結界が開かれ、一行は歴代管長廟の前に整列。管長と副管長が除幕の紅白紐を両側から引くと、霊山別付の碑がその威容を現しました。一同は順次、霊山の誓いを奉納していきました。
 霊山信伏壇においては管長、副管長を筆頭に三宝礼を行じたあと、安立廟の前で読経が営まれました。
 最後に一行はご信徒の集う護摩供養場へ移動しました。結界に入って読経が始まると、管長先生の手により護摩壇に点火。信徒多数の見守る中、護摩壇からたちまち浄火の炎が立ちのぼり、臥龍山正定聚によってお焚き上げが始まりました。
 読経を終え、宣教師および臥龍山正定聚が結界を出たあと、管長先生が参列くださったご信徒にご挨拶をなさいました。管長先生は、開教百周年以降の教団の布教理念として一昨年に発願された信伏行の礼拝壇がこのたび完成の運びとなったことを、あらためて参列のご信徒に報告され、御礼の言葉をのべられましました。法華経如来寿量品の「一心欲見佛 不自惜身命」の教えの通り深く強い信仰の心持ちを実践していただくことをお願いされました。
 管長先生がご挨拶を終え、宣教師一同が退場。参列のご信徒におにぎりが配られ、式典が終了いたしました。 合掌

−「大乗信報」第1251号より転載)

 


<霊山信伏壇、霊山門、霊山別付の碑が設置された霊廟> 

 


<霊山門を出て護摩場へ向かう> 

 


<管長先生のご挨拶>