聖仏舎利宝塔
ホーム 上へ 交通のご案内 お問い合わせ先 大乗教の沿革 杉山辰子教祖 聖地臥龍山 大乗教インド別院 Buddhist Temple 書籍のご案内 月刊誌 百周年記念事業 大乗教青年部 国際ボランティア会 iモード リンク 2015年行事案内 被災地支援

 

 

ebusshari2.JPG (4777 バイト)  

聖仏舎利宝塔は、釈尊の威徳を称え、一天四海皆帰妙法と世界平和を祈念し、昭和51年11月28日落慶しました。内部は、

聖仏舎利殿(屋上パゴダ部分)

教祖殿(1階、2階部分)

からなり、春季大祭や秋季大祭など、大乗教の主要な行事はここを舞台にして行われております。

 

 

 

聖仏舎利殿

ebushariden.jpg (15004 バイト)

釈迦牟尼仏の御真骨を奉祀した神聖な宝殿。「世界の平和と幸福を祈念して建てられた」旨の銘文には、インド首相・ネパール王・スリランカ首相等もサインをされています。

 

聖仏舎利塔内に掲げられている銘文meibun.jpg (50353 バイト)
(邦訳)
この聖仏舎利塔は世界の平和と幸福を祈念して建てられたものである。

御署名者

インディラ・ガンジーインド首相(上段左端)

ビレンダラ・ネパール国王(上段中央)

バンダナイケ・スリランカ首相(上段右端)

ゴンソルバス・在日インド大使(下段左端)

パント・在日ネパール大使(下段中央)

チラカラタナ・在日スリランカ大使(下段右端)

杉崎法涌大乗教総務長(右下隅)

 

 

haiju1.jpg (27975 バイト)
1973年11月28日、ブッダヴィハラ寺院広場の特設式場において、聖仏舎利をディピーヤードインド文部副大臣(当時)より、奉受される故杉崎法山前管長。
釈尊一代説法の帰結、衆経の王『法華経』を所依の経典とし、久遠実成の釈迦牟尼仏を中心として、本化地涌の四菩薩を本尊と祀る本教では、釈尊の御真骨をインド政府より拝受し、永遠に奉祀したいと念じ続けてきました。インディラ・ガンジー首相(当時)に親書を送り、インド政府と交渉を始めて、約10カ月余、その努力によって、ついにインド政府より仏舎利拝受の正式の快諾を得るに至りました。

昭和48年11月19日、故杉崎法山前管長を団長とする総勢83名の仏舎利奉迎使節団は、羽田空港からインドに出発。11月28日にインディラ・ガンジー首相を表敬訪問。その夕刻、ニューデリー、ブッダヴィハラ寺院において、使節団の見守る中で、仏舎利を拝受しました。

 

haiju2.jpg (75376 バイト)

1973年11月28日、本教83名からなる聖仏舎利奉迎使節団一行はインディラ・ガンジーインド首相(当時)を私邸に訪問。聖仏舎利拝受のメッセージを述べられる故杉崎法山前管長。

 

教祖殿

kyosoden.jpg (28018 バイト)

末法の大導師・大乗教教祖杉山辰子先生の御尊像が奉祀されています。ここは大ホールになっており大行事や儀式が行われます。