総本山散策
ホーム 交通のご案内 お問い合わせ先 大乗教の沿革 杉山辰子教祖 聖地臥龍山 総本山散策 大乗教インド別院 Buddhist Temple 書籍のご案内 月刊誌 百周年記念事業 大乗教青年部 国際ボランティア会 iモード リンク 2015年行事案内 被災地支援

 

聖仏舎利宝塔
  • 総本山参拝日は毎月6日、16日、28日

    毎月6日、16日、28日が大乗教総本山の参拝日です。主な日程は境内各所での法華経読誦と管長猊下をはじめとする大乗教の講師陣による法話会です。大乗教のご信徒や会員のみならず、一般の方々もお気軽にご参拝頂けます。
      尚、法話会終了後、総本山より金山総合駅へ無料シャトルバスを運行しておりますので、是非ご利用下さい


      主な日程

    時間 内容
    10:45−12:00 各所読経:
    本仏殿→教祖殿→護摩堂→竜王殿→涅槃堂
    12:00−12:45 昼食(参拝者には昼食をご接待させて頂きますので、ご利用下さい)
    12:45−14:30頃 ・御信徒による体験発表
    ・当番の大乗教宣教師による御法話
    ・御導師による御法話

 

  • 本堂外観

hondo.jpg (37006 バイト)

 


  • 本仏殿

honbutsuden2.jpg (67133 バイト)

一尊四菩薩の大御本尊が奉祀されています。これは未来にむかって世界中の人々が帰依申し上げる絶対の御本尊であります。


  • 聖仏舎利宝塔

houto.jpg (27497 バイト)

釈尊の偉徳を称え、一天四海皆妙法と世界平和を祈念して建立されました。高さ55m、中京の空にそびえ人類の幸福を見守っています。


  • 涅槃堂

nehando.jpg (41426 バイト)

 

  • 大釈迦涅槃像

nehanzo.jpg (44738 バイト)

この釈迦大涅槃像は約300年前インドにおいて制作され、ビルマ国王より大正天皇に友好親善の目的で贈られた国宝級の仏像であります。身長5.6メートル、蹠(あしうら)だけでも66センチあり、極めて貴重な木造の涅槃像として国内最大級と言われています。

長らく陸奥国分寺(仙台)の重要文化財・薬師堂に安置されておりましたが、大乗教総本山がインド政府より聖仏舎利(お釈迦様の御真骨)を奉受いたしましたの機に、陸奥国分寺から大乗教総本山に寄贈されました。

 大乗教総本山は戦後50年目を迎えた平成7年、恒久平和を祈念して涅槃堂を建立し、修復・保存に努めながら、広く一般の皆様方に公開いたしております。

 


  • 大白象像

byakuzo.gif (39861 バイト)

大白象は妙法の慈悲と実行を表します。開教60周年を記念して建立されました。人々から象のお寺としてしたしまれています。


  • 大鐘楼堂

shouroudo.jpg (43207 バイト)

仏滅2500年を記念して昭和31年鋳造された大梵鐘「平和之鐘」は、桃山様式の豪華な鐘楼堂とともに中京の一大名物です。